大日ヶ岳(1709m)
ホームに戻る
山の風に誘われて 目次に戻る

2012.12/23(日) 2名

アルバムはこちら
図とコースタイムはこちらから

年末の乗鞍山行を前に、この一年雪山へ出かけられず感覚を取り戻したいと言う
Nさんに同行して大日ヶ岳を計画した。
高速走れば近くてゴンドラ利用であっという間に頂上を踏める手頃な雪山だ。
天気が少し気になるが…朝ゆっくりの出発で出かける。

12/23(日)  ー   

7時にNさん家まで迎えに行き二人で高速を走り奥美濃へ、快調なドライブも白鳥を過ぎ
一車線になるとややふん詰まり状態でノロノロと…
それでも予定の9時には駐車場へ到着だ。
年末の3連休だけあって大人気だ。
早々に準備をして受付で片道ゴンドラ券を買い登山届を提出しいざ!


ゴンドラトップでNさんはスノーシューに、僕はスキーに、
何組かの登山組が目の前を登っている、ボーダー組みかな?
トレースはしっかりついていて問題ない、天気もまずまずだ。
大人気の駐車場の様子とゴンドラトップの様子    先行するボーダーの二人、雪はモナカで重い
           
9:30に歩き始めて20分程で前大日に着く
素晴らしいロケーションを写真に収めて一旦下り頂上への急斜面を目指す。

ここでNさんの知っている方たち8人位が雪上訓練をしている
声を掛け、お互い『お気をつけて…』

何度も歩いたコースをスキーで直登するもやや硬い斜面で後ずさりだ。
ここは仕方なくジグザグにコースをとり何とか頂上へ
1時間かからずに到着だ。
   
 前大日目指しピークでのNさん、訓練中の山岳会の方に出逢い、頂上到着だ
           
野伏ヶ岳方面 白山 天狗山へ続く稜線
           
頂上で少し写真を撮り、天気と相談して目の前に連なる稜線の先に見える天狗山へ向かう事に、
Nさんはスノーシューで快調に行くがスキーの僕はアップダウンの連続に悪戦苦闘だ。
目の目に見えていた天狗山は行けども行けども届かず、以外にアップダウンも差があり
結構厳しい。
空が少し怪しくなって来た頃、先をあきらめて引返す事とし大日ヶ岳山頂へ戻る。
           
今年初のスキーだからか?
雪が重いせいなのか?
ただ腕が未熟だからか?

兎に角転んでばかりで
スキーにナラナイ

足も重く膝がガタガタだ
もっともっと
鍛えないといけないね。
何処までも続き白山まで行けそうな稜線、天狗山手前で引返す
           
引返しの途中大休止を摂り暖かい飲み物で身体を温めていると、結構風が強くなり
早々に登って来たルートを下山した。
Nさんはゴンドラで、僕はスキーだ。
ここのゴンドラは帰りは無料なんで助かるね。

下山届を伝えて着替え、下道を白鳥まで走り『美人の湯』で身体を清め?て
更に下道でチンタラ帰る。
丁度良い時間に下山できたようでお風呂に入る頃は大雨だ。

次回、乗鞍に向けて反省を残したが、良い1回目のスキーの訓練になりました。
                                                                                                       

ホームに戻る
山の風に誘われて 目次に戻る