恵那山(広河原登山道)
ホームに戻る
山の風に誘われて 目次に戻る

2012.10/19(金) 2名

アルバムはこちらから
地図とコースタイムはこちらから

二年ほど前に『山に登りたいから連れて行って』とお願いされたI君から連絡があり
時間的に余裕が出来たから…
今日はそのデビューだ。
近くて、ハイキングより登山っぽく、景色もそこそこの山…と言う事で
最初は富士見台を計画したがハードさに欠けるので、その隣の恵那山、広河原からの
山行を計画した。そういう自分も初めてだ。

もう山はいいや!と言わせないよう楽しい山行になりますように。

10/19(金) 

そんな訳で知多から1時間チョイかけてここまで来るI君の事を考えて
集合は7時とした。彼は30分早く着き6:30の出発となる。
雲一つ無い 泣けるよな晴れた日だ。秋の深い青空が眩しい。
そんな中中央道を走り、恵那峡サービスエリアでお腹を満たし園原から林道ゲートのある
駐車場へ、8時チョイ前に到着。早々に準備をして林道を30分ほど歩くと登山道だ。
山々は紅葉がピークか?とっても色付いて綺麗だ。
登山道の出足は本谷川を渡る木の橋から始まる。この川は過去に何度も釣りに来ている川だ。

直ぐ急登になりI君も最初の勢いからスローに…
初めてだし、まっ!ゆっくり行きますか
           
紅~黄~緑~青、素晴らしい天気に恵まれて
           
      登山道は落ち葉の絨毯で彩りも良く歩き易いが、初めてのI君は
いきなりの急登と岩の登りに少し苦戦している様だ。それでも
グングン登ると林の中の最初の平坦な散歩道に出る。ここで小休止、
初めての靴が気になる様でくるぶしが痛い様だ。
特に何かに当たっている訳では無さそうなんで慣れるしかないかな?
その先少し登ると明るく開け、ダケカンバ林の紅葉が綺麗だ。
東を見れば…
をぉ~!!!
南アルプスが素晴らしい、八ヶ岳も見える。
ちょこんと富士山の頭かな?
奈良から来られた4人のパーティとお喋りも弾み
しっかり写真タイムだ
北岳~間ノ岳~農鳥岳
           
ちょっと雲がかかるが八ヶ岳から南アルプスのパノラマ
           
青空の下景色で満腹になったところで頂上を目指す。
直ぐに樹林帯となり稜線に出て登山道は西に折れる。
暫く行くと真っ直ぐな石畳?に出るが直ぐに急な岩場となり
空が開けて来ると頂上だ。展望櫓が作られているが展望は無い。
この先に避難小屋がありそこからの展望が良いよ、と先行者に
教えて貰うがI君の疲労度を考えてここどまりとする。

真っ青な広い空の下でお昼休み、大休止を1時間ほどして
帰路に就く。休憩時にはI君の町から来ている方もおられ
話が弾み美味しさ倍増のお昼休みとなる。
話が弾んで
           
 
ここは三角点、頂上はこの先?  素晴らしい紅葉です   
一位間ほどゆっくりして帰路に着く、
下り始めた途端I君の様子がおかしいぞ?岩の登山道の下りが怖い!怖くて思う様に歩けないらしい
ストックをダブルで貸してあげるが、ペースはかなりスローだ、初めてだとそうなんだ!
と人に教える時はポイントだね?そんな事を思う。
そんなかんやでスローペースで休み休み下り、好展望地点ではまたまた写真撮り捲り、
ゆっくり下山して駐車場には3:20、高速で家には4:50に到着です。

雲一つ無い好天に恵まれ、ロケーションも良く最高の山行でしたが
初めての山登りは道でしたか?
『登りは大丈夫だが下りは技術が要るな!』と、パンパンで痛そうな太ももを抑えながら
笑顔の無いI君だったが…
帰りに次回もよろしく…

そんなこんなで次は有明山に一緒に行く事になりました。

帰ってきてGPSで山行記録を見て見たら…
あれっ!!!頂上は避難小屋のある所ですか?
ってことは我々は頂上を踏んでいないって事かな?
そんなぁ~
           
 

ホームに戻る
山の風に誘われて 目次に戻る