木曾駒ヶ岳(2956.3m)
(木曾駒ヶ岳ロープウエー頂上駅登山口2612m…登山口~頂上まで標高差344.3m)
ホームに戻る
山の風に誘われて 目次に戻る

2015.12/20(日) 会雪上訓練 4名

アルバムはこちら
図とコースタイムはこちらから 
出逢った花
鳥たち



毎年行う大日ヶ岳での雪上訓練、今年は雪不足で何処も雪が無く木曾駒ヶ岳に場所を変更して決行だ
早朝6:00に集合して駒ヶ岳を目指す


12/20(日)
6:00にkko君の家に集合して高速を駒ヶ岳に向けて走る
運転はKko君、他Kke君にU君と自分の4名での雪上訓練だ
駒ヶ根SAで朝食を摂り駒ヶ岳バスターミナル到着は8:00、既に多くの登山者が冬山の準備をしている。
我々も早々準備をしてバス券を買うKko君と二手に分かれてバス停に並ぶ


殆ど乗れるまでバスは増発してくれて我々は三台目のバスに乗車、8:30ちょい前に出発して
しらび平へは丁度9:00着だ。此処からロープウエーで千畳敷を目指すのだが満員のロープウエーで
改めて空を見上げると素晴らしい快晴で雲一つ無い、頂上駅に近づくにつれて
南アルプスの大展望がどんどん広がりやがて富士山がお目見えする。
素晴らしい青空だ

雪の少ない今年の冬山、ロープウエーで楽々頂上を踏めるこの山には日曜日と言う事もあり
多くの登山者で賑わっている
標高2612mの千畳敷
からは宝剣岳へのカールが扇のように広がっていて何時見ても絵になる。
特に雪のロケーションは素晴らしい、特にこんな青空には余計映える



宝剣岳のロケーションを楽しみアイゼン装着で駒ヶ岳を目指す
ホテルの建物の脇を通り剣ヶ池への遊歩道を廻りこみ八丁坂を詰めて浄土乗越を目指すのだが
何処からのロケーションも青空に映えて素晴らしくカメラ片手になかなか前に進めない
本来の目的、雪上訓練を忘れてしまいそうだ


剣ヶ池から南アルプス~中央に富士山が見える

剣ヶ池を9:53に登り始めて浄土乗越には10:20着、意外と雪は少なくトレースもしっかりあって
30分の直登でした。
浄土乗越からの景色も素晴らしい

大人気の浄土乗越

宝剣岳

濃ヶ池


南アルプス方面と宝剣岳

中岳方面~左に宝剣山荘、右に天狗荘

中岳より伊那前岳と宝剣岳~南アルプスと富士山

中岳

御嶽と木曽駒

木曾駒ヶ岳

中岳を背に

頂上だ
浄土乗越から小屋の脇を通り中岳へと目指し
中岳から一旦下れば駒ヶ岳頂上山荘だ
此処から急な雪面を直登すれば
木曾駒ヶ岳の頂上に到着する
11:20到着

暫し頂上からのロケーションを…
360度素晴らしい天気に恵まれて素晴らしい景色です


頂上から西~東方面~乗鞍岳~北アルプス~頸城山塊~八ヶ岳~南アルプス

乗鞍岳~北アルプス

北方面、八ヶ岳を望む

東方面~南アルプス

御嶽山と乗鞍岳

頂上からの中央アルプス

多くの人で賑わう頂上から本来の目的である雪上訓練へ
頂上直下の東斜面を利用して訓練準備、ガチャガチャを装着して先ずは
スタンディングアックスビレー、交代で滑落する役とビレー役とで訓練
滑落停止も行うものの雪が少なくて這い松が出てくる始末だ
それでも一通り訓練し下山にかかる

どんどん登って来る人達と挨拶を交わしながら中岳へ登り返し浄土乗越を越えて
北道筋を辿る
八丁坂の下山は誰かのお尻の跡を頂いてシリセードで一気だ…楽しい


剣ヶ池の辺りのコルでビーコン訓練を加えてロープウエー乗り場へ


ロープウエーとバスの乗り継ぎも早く順調で14:50に駐車所着です
お風呂の割引券利用で伊那に住んで居る時良く行ったこぶしの湯で汗を流し帰路に就きました


素晴らしい青空の下、とても充実した訓練が出来、冬山…西穂高岳に向けて
夢が膨らむ一日でした。


ホームに戻る
山の風に誘われて 目次に戻る